河童ですから

大分県の河童をめざす”てらかっぱ”のブログ。https://valu.is/terakappa

スポンサーリンク


障害年金打ち切り「不当」が本当に不当なのか?

ども、てらかっぱです。

僕の障害年金の記事のアクセスが急激に増えてます。

誰も教えてくれなかったよ。1型糖尿病で障害厚生年金3級が申請できそうなので年金事務所にいってみた。 - 河童ですから

なぜ?

きっとこのニュースのためなのだろう。

 

www.nikkei.com

 

幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者9人が障害基礎年金を打ち切られたのは不当だとして、国に年金の支給再開を求める訴えを月内に大阪地裁に起こす。国は明確な理由を示さないまま、支給要件となる障害2級の認定を取り消しており、9人は「病状が改善していないのに突然打ち切られたのは納得できない」と主張している。

 提訴するのは大阪、奈良、福島3府県に住む26~48歳の男女9人。いずれも未成年時に発症し、20歳で障害基礎年金を申請して障害等級2級と認定され、2~3年ごとに更新を認められてきた。

 しかし、審査する日本年金機構は2009年に1人、昨年12月に8人に対し、「2級に該当しない」と通知。年間約80万~100万円の年金支給を打ち切った。厚労省は詳しい理由を明らかにしていない。厚労省は「障害の状態は医学的に判断している。訴訟についてはコメントできない」としている。【原田啓之】

 

 

このニュースをみて障害年金について興味を持った人たちが一斉にけんさくしたのだろう。そしてその一部が僕のブログへとやってきた。

 

さて、この障害年金は打ち切りは本当に不当だったのだろうか。

認定基準は以下のとおりとなっている。

障害等級 1級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状によって、日常生活ができない程度のもの。 (他人の介助を受けなければ自分の身の回りのことができない程度)

障害等級 2級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、 日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 (必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で労働により収入を得ることができない程度)

障害等級 3級

労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 また、傷病が治癒していない場合は労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のもの。

障害年金の等級表,1級2級3級の認定基準|障害年金サポートサービス

 

この記事に載っている患者たちは2級となっている。

2級と3級の違いは日常生活に困難があり労働により収入を得られるかどうかだ。

 

詳しいことは書かれていないのでココからは僕の想像、もしくは妄想と思っていただいてもよい。

 

おそらくこの患者たち 「働けない」でなく「働かない」人たちではなかったのだろうか。

 

1型糖尿が悪化して合併症が出た場合、腎臓病や心臓病で障害年金をもらうはず。Ⅰ型糖尿病でもきちんと治療をしていれば、何でもできると言うわけではないが、労働による収入は難しくない。その場合、等級をさげて3級で支給を受ければいいだけだ。本来2級というのが不当な支給だったのではないのかという疑問が残る。

 

大阪地裁というのも気になる。同和利権の強い大阪。なにか、やな感じがする。

 てらかっぱってどんな人?

terakappa.hateblo.jp

てらかっぱのVALU 

スポンサーリンク