河童ですから

大分県で河童を求める”てらかっぱ”のブログ

スポンサーリンク


大分県大分市 河童の像がいっぱいある 厄除けの寺「臨済寺」に行ってみた。

ども、てらかっぱです。

 

大分市内にこんなに河童をおいてあるお寺があるとはビックリです。

 

大分市内から熊本にむかう217号バイパスを少し横に入ったところにいきなり河童が並ぶお寺の門が現れます。

ツルツルの新しい河童の像から苔むした河童の像まで作られた年代は様々のようだ。

 

f:id:terakappa:20180617114511j:image

f:id:terakappa:20180617001349j:image

f:id:terakappa:20180617001410j:image

f:id:terakappa:20180617001440j:image

f:id:terakappa:20180617001501j:image

f:id:terakappa:20180617001520j:image

 

厄よけの寺 臨済寺

 

関連リンク

臨済寺 弁天堂 – 株式会社佐伯建設

大分市永興の「臨済寺」より中継 - OBSテレビ「おはようナイスキャッチ」

河童の七福神 臨済寺(大分市) | 株式会社森山建材

大分県大分市戸次で行われた100人スコーレに行ってきた

ども、てらかっぱです。

カミさんの実家がある大分県戸次で100人スコーレが行われると言うのでやってきたぞ!!!

大分県臼杵市で毎月10日に行われている「100人スコーレ」はさまざまな人が集い、つながりを広げる場をつくろうと昨年6月、臼杵市の移住者や団体などの企画ではじまっり、臼杵市内各所で物品販売市やワークショップを開いてきた。

f:id:terakappa:20180610220233j:plain

topics.smt.docomo.ne.jp

 

今回は一周年ということで大分市の戸次での開催。

江戸時代までは同じ臼杵藩というつながりだという。

戸次とは大友宗麟の重臣 戸次氏の領地でもあった。

 

会場となった戸次本町地区の通り沿いにある藤川金物店の中は出店者と客と演者でにぎわっていた。

 

もともとの金物屋の雰囲気と合わせてたのしい空間ができていた。

来月10日もたのしみである。

 

f:id:terakappa:20180610214436j:image

写真はホットドッグ400円

 てらかっぱ後援会への寄付

 てらかっぱってどんな人?

スポンサーリンク