河童ですから

カッパ研究家”てらかっぱ”の雑記ブログ

スポンサーリンク


兵庫県西宮を河童的に語るとこうなる。

兵庫県西宮の人に西宮について河童的に話してくれと言われたので答える。

 

兵庫県の西宮には甲子園球場だけじゃなく、西宮神社ってのがあるんですよ。これがなんとえびす宮の総本山。ちなみに大分県の宇佐神宮は八幡神の総本山。

 

恵比寿というのは古事記におけるヒルコのコト。現在の天皇家とつながる天照大御神とは兄弟。

 

イザナギとイザナミの間に生まれた最初の子。しかし奇形か不具かはよくわからないが、失敗だということで海に流された。これが日本最初の妖怪と言われている。

 

そのヒルコが流され、たどり着いた先が西宮だったんだ。

 

西宮の民は棄てられた子とはいえ神の子じゃん、ということでヒルコを祀ることにした、それが今の西宮神社。ヒルコは漢字でかくと蛭子、エビスとも読む。時代が下がり大陸からやってきた恵比寿信仰と融合して今の七福神の恵比寿様となる。

 

ヒルコから魔界水滸伝の話に広げていくとどんどんオタク的になり客が引いていくのでやめておこう。

 

西宮神社の一神がエビス 二神がアマテラスとオオクニヌシ 三神がスサノウ

こりゃもう「日本古代史の闇が封印されていますよ」的なメンバーで俄然興味が湧いてくるよね。

 

あなたも、ぜひ兵庫県西宮神社に足をお運びください。

 

備考 ヒルコに足はございません。

大阪日記 お初天神と曽根崎心中 20190602

梅田を徘徊中、曽根崎の名がついた祠を発見

曽根崎心中を連想してGoogleで検索するとお初天神という曽根崎心中の登場人物の名がついた展示様を見つける。

 

f:id:terakappa:20190603211631j:image

 

用事を済まし、梅田駅に向かう途中お初天神による。

 

f:id:terakappa:20190603212128j:image


f:id:terakappa:20190603212141j:image


f:id:terakappa:20190603212104j:image


f:id:terakappa:20190603212154j:image


f:id:terakappa:20190603212040j:image



f:id:terakappa:20190603212114j:image


f:id:terakappa:20190603212028j:image

心中話の舞台がどうやって恋人の聖地になれたのか。不思議である。

 

 てらかっぱ後援会への寄付

スポンサーリンク